2005年10月10日

雨上がりのBlue/GARNET CROW

B000666T58.09._PE_SCMZZZZZZZ_.jpg

久々にアイラブユー以外のアルバムを聴きました。
今日はそっから一曲。

この曲は、アルバムI'm waiting 4 you発売前からライブでやっていたので知っていた曲です。

本当にさわやかな曲。4thアルバムには、夕月夜冷たい影Uなどダークな感じの名曲が多い一方、君 連れ去る時の訪れをのように綺麗で美しい名曲、そしてこの雨上がりのBlueのようにさわやかな名曲もありますね。Naked StoryLast love song夢みたあとでなどを有する超名作と名高い2ndアルバムと同じように、多角的にGARNET CROWを楽しめます。

さて、曲に戻ります。この曲、爽やかと言いましたが、歌詞は実はそんなに爽やかでなかったり…って感じです。

儚い 生命(ひび)だと知りながらどうしてだろう
終わりのない問いかけはいつも 駆け巡る


ほらね。実はここ俺が結構好きな歌詞で、普通に覚えていたんですけど、改めて歌詞カードで見てみると実はちょっとネガティブ。たぶん、そのことに気がつかなかったのも、すべてこの曲のメロディーの爽やかさが原因だと思います。

でも、ポジティブな部分が全然ないわけではないです。けっこうちらばってます。歌詞カード見て分かりましたが、実は歌詞のテンションが忙しく動く曲だったりします。
それでも曲を聴いていて暗いテンションになることは100%ない曲。これは保証できます。それだけ自信を持って薦められるメロディーの爽やかさ、気持ちよさなんです。
posted by まっち at 23:57| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック